2012年7月31日火曜日

オススメの一品。

連日の真夏日で、かなりバテ気味ですが、こんなときこそ、ちゃんと食事を摂りたいものです。

そこで、歯ごたえのあるハードなパンを紹介しましょう。

長年、パン職人として従事してきて、「自分でお店をするならこれは絶対外せない!」というものがいくつかありました。

そのなかでも、もっともやりたかったものの一つが、自家製ルヴァンを使用した高吸水のパン・ド・カンパーニュです。


見た目ほどは硬くないです。




















現在は、ぶどう起しの酵母を小麦粉で継いでいくルヴァンを使用しています。
有機酸の減衰はとても早いので、約2週間で使い切り、また新しい酵母を起しています。


サルタナレーズンを使用した酵母。


毎日継いでます。




































パンのクラムを瑞々しいものにするため、一般的なカンパーニュの配合より多めの水を入れ、強力粉の中でもタンパク量の多い粉で強めに生地を作ります。

低温でじっくり発酵させ、高温のオーブンで外側を短時間で固めたあと、温度を落とし、そのあとは十分に焼き込みます。

焼けたパンは、でんぷんが十分にα化しており、モッチリとした食感ですが口溶けはよいです。

味は、ゲランドの塩の優しい辛みと、ほのかな酸味、そして粉本来の味が楽しめます。

当店では、このパンを使用したサンドイッチも常時ご用意していますので、そちらで一度お試ししていただいて、その後、ご自宅で色んな食べ方を試されてはいかがでしょうか。


とにかく、ぜひ食べていただきたい一品です。

よろしくお願いいたします。


金沢城公園の池で、蓮の花が咲いていました。























和英








2012年7月29日日曜日

北國花火2012金沢大会へ行く

先週から夏休みがはじまったので、毎朝開店準備をしていると

ラジオ体操の子供達を見かけるようになりました。

夏休みスタートの週末、夏休みのイベントがいろんなところで開催されていました。

金沢へやって来てから、出来るだけ金沢のイベントは見たい!と思っています。

この町のいろんな事を知りたい!という好奇心と、楽しみたい!という気持ち。

私たちは犀川を自転車で走らせて、花火大会へ行ってきました!

犀川に出ればどこでも結構な大きさの花火が見れますが、

御影大橋まで走らせて見てきました!

かなり楽しんで見てきたので、興奮をお伝えしたくて沢山シャッターを切ったのですが、

花火って難しい・・・。

それでもなんとかお伝え出来そうな画像をのせてみます。


本当に大きく見えたんです!
















色が無いけど大きいのが好きなんです!
















最後の方は連発でした!





















川の上から見ているのでとても涼しくて、

しかも花火の真下まで行っていないので混雑しておらず、

とっても楽しく見る事が出来ました。

またひとつ、金沢の楽しみが増えました。

来年こそ、浴衣で見に行きたい!と思いました。








2012年7月22日日曜日

暑中お見舞い申し上げます。

金沢は、不安定な天候が続いています。

先週、梅雨明け宣言が出されたはずなのに、雨が降ったり止んだり。

気分はなかなか晴れませんが、夏休みも始まったみたいなので、明るく楽しく行こうと思います。

開店から丁度一ヶ月が過ぎ、毎日安定した商品を提供することの難しさを痛感しています。

何度も通ってくださるお客様も多くなり、そういった方々の為にも、いつも同じ状態のパンを提供出来る様、また気持ちを引き締めてがんばりたいと思っています。

さて、現在当店ではパン、サンドイッチ、焼き菓子等、約60種類の商品を取り揃えて皆様のご来店をお待ちしていますが、なかなか詳細についてお知らせが出来なくて申し訳なく思います。

今日は、その中から、食事に合うテーブルパンをひとつご紹介。


真っ白なので、その名も「ビヤンコ」!
























開店当時から、人気のある食事パンです。

フランスのセミドライイーストのみを使ったフランスパン生地を、乾燥発酵して高温短時間で焼成したものです。

セミドライイースト特有のフルーティーな香りと、モッチリした食感で、どんな食事にも合います。

真ん中で割って、パテやハムなどを挟んでもおいしいですし、エキストラバージンオリーブオイルをつけるだけでもフォカッチャのように楽しめます。

塩は、フランス産ゲランドの塩を使っているので、刺激が少なくマイルドな味わいです。

この暑い夏、お酒とともにパンで夕食を、なんて方にはもってこいだと思います。

ぜひ、一度お試しください。





すばらしい写真です。




















そして、今月のレコードパート2。

今回は、セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの娘、シャルロット・ゲンスブールの2010年の3枚目のアルバム『IRM』です。

フランスでは、もうベテランの大女優としてその地位を確立していますが、音楽への愛情も深く、スローペースながらもいいアルバムを発表しています。

前回は、父親と比較されるのを嫌い、全曲英語歌詞での作詞でしたが、ベックの影響もあってか今回は、フランス語の曲も何曲か収録されています。

所謂フレンチポップスではないけど、ワールドスタンダードな楽曲が並び、ある種の普遍性を感じさせます。

色んな音楽を聞いたけど、最近刺激のあるものがないなあ、なんて方におすすめしたい一枚です。

ジャケットがすばらしいので、出来ればCDではなくアナログ盤で持っていたいです。

次回は、夏らしい一枚を紹介出来ればと思います。



パティ・スミスみたいです。
























和英


2012年7月21日土曜日

ミルククリームサンド


夏休みがスタートしましたね。

暑くて食欲がなくなるこの時期でも、

のどごしが良くて、食べやすいパンを考えています。

そこで今回ご紹介したいのは、開店当初から人気があるミルククリームサンド。

ちょっとオヤツにパクッと食べられるサイズ。


















通常パン生地は小麦と水で仕込むのですが、

水の代わりに全て牛乳で仕込んだ生地がパン・オレと呼ばれるパンです。

ミルククリームサンドはそのパンの中に、

さらに練乳バタークリームがトッピングしてあるミルクたっぷりのパンです。

常温のままでも美味しく食べられるのですが、この時期だからこそ、

冷やしたミルククリームサンドもオススメです。いかがでしょうか〜。

冷蔵ケースの中にも置いてます!




















その他、元気が出る様なパンをご用意してご来店お待ちしています!







2012年7月15日日曜日

ラオス写真展と高木糀商店

昨日のお休みは、東山の高木糀商店さんの店内で開催中の

「ラオス写真展」へ行ってきました。

もともと高木さんをご紹介いただいてから、一度行ってみたいと思っていたところに

このお話。良く聞いてみると、ラオスの写真とラオスより仕入れた生豆を焙煎した

コーヒーがいただけるとのこと。散歩がてら、ちょっと行ってみよう!とブラブラと

出かけました。

こちらが高木糀商店さん。












金沢市の指定保存建造物だそうです。納得!
























 まず高木糀商店さんの店構えにビックリ!金沢に来てから町家は良く見ていますが、

こんなに素敵な雰囲気で、しかも今も現役でご商売されているお店の中に入るのは

初めての体験!入口からかなりワクワクします。


店内に入ると、天井の高い抜けた空間。糀店の道具、写真、大きなテーブル。

古いスピーカーからピアノの曲。

コーヒーを注文してから2階の展示を見に行くと、畳の間に写真が並べられていて、

座って写真をのぞきこむスタイルでした。

この展示が、写真を見せたい場というだけでなく、この空間全てを楽しんでもらおう

という気持ちが伝わってきました。


ひと通り見て、コーヒーをいただきながら、

展示をしている門脇君、店主さん、他のお客さん達となんとなく会話が弾み、

とても居心地が良かったです。あんまりリラックスして、コーヒーをおかわりしたほど。

またぜひこちらへ、足を運びたいと思いました。


ラオス展は16日月曜日までですが、お時間のある方にはオススメです!

これからもいろんな展示をされるそうなので、

また時間を見つけて、ぜひ行きたいと思います。

もちろん、最後に塩糀を買って帰りました!

店先でこうして味噌や糀を買えます。
























2012年7月11日水曜日

海の日!のお知らせ

7月16日(祝)、通常通り営業いたします。
お休みの日の朝食にいかがでしょうか。
皆様のお越しをお待ちしています!

また、営業時間が変わりました。
朝8時からの営業となりました。
よろしくお願い致します!

焼く前のセーグルです。


















ヘーゼルナッツとカレンズレーズン♪


























2012年7月8日日曜日

梅本あんぱん

ジメジメして、本当に梅雨明けが待ち遠しい毎日です。

今の時期におすすめのパンといえば、『梅本あんぱん』でしょうか。


定番のかたちがカワイイと思うのです。




















このあんぱんの特徴としては、卵黄をたっぷり練り込んだ生地に、

隠し味としてバニラビーンズも配合。

油脂は北海道バターとブルターニュ産バターを合わせて使っています。

食感は菓子パンというより、ケーキに近いです。

中には、自家製のつぶあんの真ん中に、

アクセントにハチミツ漬けした紀州南高梅が入っています。(ちょっと甘めの梅干しです。)

この梅が、食欲増進にひと役かってくれると思います。

梅本あんぱんの名前の由来は、お店がある大手町は

元々は梅本町と呼ばれていたことからです。

この町でお店を長く続けたいという願いを込めて、

町名の入った商品をつくりたいと思い、町名の梅と梅干しを掛けて商品を作りました。

当店の代表的な一品になってくれたらうれしいです。



ところで、話は変わりますが、

先程いとこのA君がプリンを差し入れてくれました。


























これがなんと、六角堂プリン。

A君がリーダーとなって制作したそうです。

器は大樋祐希さんという方がデザインされたそうで、とても素敵です。

プレゼントにとても良さそうでした。

味は濃厚でとってもミルキー。容量もたっぷり!

美味しかったです!ありがと〜!

これで来週からまた頑張れそうです!






2012年7月7日土曜日

今月の一枚。

いつもご来店いただきありがとうございます。

開店から早2週間が過ぎ、ようやく仕事にも慣れてきたところです。

毎日の作業に追われ、ブログの更新が追いつかなくなってきていますが、ゆっくりと続けていければと思いますので、今後ともご愛読よろしくお願いします。

最近は、金沢でお店をされている方々と知り合う機会が多く、頑張られている皆さんの姿を見て、さらに精進していかなければいけないと、こころを新たにしているところです。

開店前から、お店の内装や、仕込みの風景などをご紹介させていただいていましたが、今後は商品の特徴などをお知らせしていけたらと思っています。


さて、僕はパン職人としては今年で14年目になりますが、それより長い付き合いになる音楽への愛情も表現していこうと思い、お店の至る所に色んなアイテムを配置しています。

今日はレジカウンターの奥、壁の戸棚に飾ってあるレコードジャケットについてのお話。

東京在住時、空いている全ての時間をつぎ込んで集めたレコード。

そんな中から、ジャケットデザインの優れたものを中心に、お気に入りのレコード達を紹介しようと思います。

今月は、暑い夏を前にCOOLに決めたいと思って選んだこれ。


バーンズのイラストがあまりに有名。




















ニューソウルの旗手として鮮烈にソロデヴューしたレジェンド、カーティス・メイフィールドの’80年のアルバム『SOMETHING TO BELIEVE IN』。

ジャケットの色に反して、内容はミデアムテンポの曲が大半を占める大人の一枚。

’60年代のコーラスグループ時代から、公民権運動を経て、アメリカにおける黒人の生活のし辛さをうたい続けた、社会派シンガーソングライター。

ファンキーなソウルミュージックからディスコを経て、たどり着いたまさにオリジナルな音楽。

’90年代後半以降のR&Bという音楽の創造主です。

名曲「Tripping Out」収録のとても人気の高い一枚です。

名前は聞いたことがあるけど、なにから手をつけたらいいかわからないといったかたは、これから始めると良いのではないでしょうか。


ちなみに、先月の一枚はこちら。


オープン時に飾っていました。




















こちらも、bossa novaを作った張本人。ジョアン・ジルベルトの5枚目のアルバム、通称『1973』です。これからの季節には、うってつけの音楽。冷房の効いた部屋で麦茶でも飲みながらだらだら寝転がって聴くと最高ですよ。





きょうは、先週に引き続き、朝早起きをして銭湯に行きました。

金沢の奥座敷、湯涌温泉の総湯「白鷺の湯」まで足を伸ばしました。

たどり着くまでは、延々田園風景が広がり、


熱帯低気圧の影響で雲が多い。





















やっとたどり着くと、いい感じの温泉街が現れました。

その一番先に総湯があり、朝早くから大勢の方が来ていました。

先週お話しした氷室の真下にあります。

























入って実感。THE温泉って感じの湯質。しばらく浸かっているだけで肌がつるつるになってきました。

温度もちょうど良く、ゆっくり楽しむことが出来ました。

金沢市中心部から車で30分弱。いい旅行気分が味わえて、ちょっと得した気分でした。

明日からまた仕込みが始まります。

おいしいパンを皆様に届けられるよう、こころも体も健康に過ごしていきたいです。


ご来店お待ちしています。






















和英

2012年7月1日日曜日

リフレッシュ2

金沢は、梅雨の真只中。

今日から7月ですが、あと3週間くらいはこのぐずついた感じの日々が続くのでしょう。

1日は、金沢の湯涌温泉にある、白山の雪を倉に詰め込んだ「氷室」という昔の冷凍庫のような場所を開ける日になっていて、昔からそれをお祝いして町中で「氷室まんじゅう」という酒種まんじゅうを配りあって食べる習わしがあります。

三色の氷室まんじゅう。

























昨夜、久々に実家に帰り、朝早起きをして疲れた体を癒そうとお風呂に入る前に、小腹が空いたのでひとつ頂きました。

小さい頃から食べてたのに、その前に食べたのは15年前くらいでしょうか。

なんだか、懐かしい味がしました。


それで、車に乗って、今年4月にリニューアルしたばかりの、片山津温泉の総湯、「街湯」に行ってきました。

モダンなデザイン。




















朝6時からやってるんですが、10分前に着くともう既に並んでいる人多数。

柴山潟を望むロケーション!もうちょっと天気よければ最高だったのになあ。

肝心のお風呂は、「森の湯」と「潟の湯」という2つのお風呂があって、毎日交互に男女が入れ替わるそうです。

柴山潟を一望!




















今日は、「森の湯」が男湯でした。

まだ出来たばかりで、すべての設備がピカピカでした。

入ってみると、「熱っ。」

50℃近くはあるんじゃないかと思う程熱かった。

入っていると、手と足の先がじんじんしびれてくるくらい。

我慢して入っていたけど、10分くらいが限界。

でも、腰の疲れが軽減されたように思います。


これからまた、明日の為の仕込みをするため、愛犬ナナに見送られながら、小松をあとにして金沢に向かいます。


七海、パピヨン♀4歳です。どうぞよろしく!




























和英