2012年8月29日水曜日

残暑を乗り切るクールミュージック。

暑さがなかなか収まらなくて、毎日大変ですね。

仕事を終えて、家に帰ってシャワーを浴びて、ゴロリと寝転んだら、クールなジャズが聞きたくなります。

夏と言えば、ジャズ。と、いうことで。

現在、お店に飾ってあるレコードは、ジャズの帝王マイルス・デイビスの『kind of blue』
です。


米コロンビアのオリジナル盤。




















モード・ジャズと言われる音楽の代表的な一枚で、それまでのバップ・ジャズとは温度が違います。

僕は、そんなにジャズに詳しくないんですが、チェット・ベイカーの80年代の録音を聞いてから、彼の音楽の虜になり、ジャズ・スタンダードの原曲を遡って聞いて行きました。

なので、きっかけはチェットのラストアルバムで聴いた、「All Blues」でした。

コレまで聞いてきたジャズっぽい音楽にはない、喧噪と静寂の間のような、例え様の無い音像に、一気にこころ奪われ、何度も何度も繰り返し聞いていました。

オリジナルを聞いたのは、それからずっと後の事です。

チェットは、50年代後期から60年代中期のマイルスの音楽を、最良のものと公言しているほどのマイルス・ファンです。

彼の晩年は、その忠実な再現に費やされていたと言っても過言ではありません。

しかし、オリジナルのものと比較すると、水と油ほどの違った印象を受けます。

マイルスのものは、クールと言っても天然色のイメージ。

チェットのほうは、モノクロームな感じ。

二人の人生が、そのまま映ったかの様な仕上がりです。

とても面白いです。

機会があれば、ぜひ聞き比べて欲しいです。





夏休み明けに、店内のディスプレー等を少しだけ変えてみました。

夏から、秋へ。

少しでも、季節にあった店造りが出来ればと考えています。

皆様のご来店を、こころからお待ちしております。

























和英

2012年8月27日月曜日

営業時間が変わりました!!

お盆明けより、営業日及び営業時間を変更しました。

営業時間は、午前8時より午後6時半まで。

営業日は、これまで土曜日はすべてお休みでしたが、第2土曜日と第4土曜日のみのお休みとなります。

その月の営業日程を、このブログ上及び店内掲示にて確認出来るようにいたしました。

ご来店の際は、カレンダーをご確認の上お越しいただきます様、よろしくお願い致します。












































和英

2012年8月26日日曜日

夏の思い出。

厳しい残暑が続いていますが、元気に過ごせていますでしょうか?

いろんな意味で厳しい?夏もあともう少し。

食欲の秋を迎えるため、新商品の試作などに追われています。

でも、もうちょっとだけ夏を味わっておきたいので、時間が許す限り各種イベントなどにも顔を出しました。

その夏の思い出をちょっと振り返ります。



お盆休みは、千葉に帰省した後、金沢での拠点となる住処を引っ越しました。

炎天下の中、トラックを借りて何往復もして荷物を運びました。

空っぽになった部屋を見て、いろいろあったここ半年を振り返り、ちょっとだけセンチメンタルな気持ちになりました。


最後の夕景。



















夏はやっぱり、冷たいかき氷! と、いうことで、近くの有名な氷菓子屋さんまで自転車で行き、並んで「抹茶金時練乳こおり」をいただきました。


すごい行列です。



















とてもおいしかったです!



高木糀商店さんで行なわれていた、「東北こけし展」に出向き、可愛らしいこけし達の表情に、こころ癒されました。

その中で、気に入った子を一人つれて帰ってきました。


山形県鶴岡市から来ました!



















お店に来ていただければ、この子に会えますよ。



先日、お知らせした通り、「月刊金澤」9月号に、お店を紹介していただきました。


1ページまるごとです!



















とても素敵な写真と文章です。ぜひ、ご覧になっていただきたいです。



昨日は、朝に浅野川を散歩。

水量の少ない川面にカルガモの親子が水浴びしていました。


本当に小さな子ばかりです。



















こんな瞬間が、幸せなのだと感じました。


この地に移ってきて、まだ半年も経ってないけど、とても住みやすく、落ち着く場所です。

これからも、色んな出会いを大切にし、地域に根ざしたパン屋になれる様、毎日を大切に過ごしていこうと思います。



お近くにお寄りの際は、マシマシをご利用いただきます様、よろしくお願い致します。

皆様のご来店を、こころからお待ちしています。























和英

2012年8月20日月曜日

『月刊 金澤』に当店が取り上げられました!




















本日発売の、『月刊金澤』9月号に、お店を紹介していただきました。

「恋するベーカリー」とゆう、連載ページです。

お近くの書店にお立寄りの際は、ぜひご覧いただきます様お願い致します。

これを期に、沢山の方にお店を知っていただき、

ご来店いただけたら嬉しいです。




2012年8月17日金曜日

千葉巡業。

お盆のお休み、長くてご迷惑をおかけします。

その間、妻の実家に帰ったり、金沢での住まいを引っ越したりと忙しくしています。

開店からたまっていた宿題も一つ一つこなし、来週からはまた新しい気持ちで営業を再開出来そうです。


里帰りを兼ねて、関東地方の有名なパン屋さんをいくつか訪ねました。

揚げたてカレーパンで有名な「ピーターパン」と、ここ最近では一番話題になっていた松戸の「ツォップ」です。

まず、「ピーターパン」ですが、駐車場が大きく、沢山の家族連れでにぎわっていました。

石釜焼きたてがポイントです。



















うちとは、規模も、方法も違うので比較は出来ないですが、お客様をもてなすための技のヒントが沢山隠されているように感じられ、大変参考になりました。



次は、「ツォップ」。


上からぶどうがぶら下がっています。



















2年前の東京モバックショーでは、一番話題になっていたシェフが経営されているお店です。

お店は、5、6人入ればいっぱいになるくらいの広さなのに、販売の方が3人もいる凄く人気のあるお店で、店内には所狭しとたくさんの種類のパンが並べられていました。


購入したパン。


















商品のレイアウトや、商品説明の方法など、作る事だけではなく売り方にも多くの配慮が感じられ、いろいろと参考になりました。


ここ最近、どうしてもよそのパン屋さんを見る機会が減ってきているので、もう一度気分を入れ変え、勉強することを忘れないようにしたいと思います。


それと、東出珈琲店のマスターから「是非寄ってきてください。」と、言われていた日本で一番有名な喫茶店「カフェ・バッハ」にも行く事が叶いました。


山谷にあります。



















とにかく、コーヒー好きなら知らない人がいないお店ですが、東京在住時はなぜか行く機会が無く、今回初来店となってしまいました。

店内がビックリするくらい磨き上げられて、コーヒーが出てくる前から脱帽という感じでした。

まずは、「バッハ・ブレンド」のコーヒーを注文し、こちらは製パン部も持っているお店なので「トースト」も同時にお願いしました。

トーストは、山型のイギリスパンに自家製イチゴジャムとバターが乗ったシンプルなものです。

コーヒーは、スッキリとしてあとで深い味わいが残るさすがのものでした。

どちらもとても美味しくいただきました。

店員さんの素晴らしい仕事ぶりを眺めながら、ここでも自分を振り返り、まじめに真剣にやろうと心を新たにしました。

これから食欲の秋を迎えますが、一つ一つ丁寧な仕事を心がけ、毎日をすごしていきたいと思います。



和英











2012年8月11日土曜日

夏の涼を楽しむ

本日よりお休みをいただいております。

今日の夕方は、燈涼会を体験しにブラブラとお散歩して来ました。


このマップで色々巡るのです。


















馴染みのある方、無い方いると思いますが

町家の建物の中に工芸作家さん達の作品が展示してあるので、

鑑賞しながら散策したり、 浅野川での月見コンサートがあったり、

夏の夜を涼しく楽しむために、いろんな趣向がこらされております。

なんだか風情があって、とっても素敵なんです。

いつもは料亭さんの中がギャラリーになっていたりするので、

なかなか入れなかった店内をちょっと見れたりします。

以前から気になっていた壽屋さんに入れて、それだけでも嬉しい!

涼しげな暖簾がまたカワイイ!

この暖簾、遠くからも見えてとても素敵でした。



















作家さんの作品とかは撮影して良いのか迷って撮りませんでしたが、

ちょっと手が出そうな価格の作品からため息の作品まで、

結構近くで拝見出来ます。

明日までなので、お時間のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

これは『ゼリーの家』のゼリー。


















今週は友人より、ゼリーをいただいたり、すいかをいただいたり、

食の涼も堪能させていただきました。あんやとです!






2012年8月6日月曜日

真夏の倫敦!

オリンピック盛り上がっていますね!

朝が早いスタートなので、リアルタイムではなかなか見られないですが、ラジオやテレビで日本人選手の活躍を確認しています。

さて、8月に入りずっと猛暑日が続いて、かなりバテてきているので、こんなときこそ、その雰囲気を変えてくれるような清涼感のある英国音楽を聴きましょう。

朝霧の中、バイクを囲む4人組。


















現在、お店に飾ってあるレコード。UKはニューキャッスル出身のプリファブ・スプラウトの2ndアルバム「スティーブ・マックィーン」です。

ジャケット写真が印象的で、何も知らずに手に取った20年前から、夏が来るたび聴きたくなるこの季節にぴったりの名盤です。

奇才トーマス・ドルビーのプロデュースで、サウンドも素晴らしい。

所謂ネオアコと呼ばれるギターバンドの典型のような音楽ですが、メロディーセンスが飛び抜けていて、聴いているだけで別の次元に連れて行ってくれる特別な音楽です。

これさえあれば、他には何もいらないといった人も沢山いる様です。

アルバム全体が同じトーンに統一されていて、聴き始めるとあっという間に終わってしまっています。

海へ向かう車の中なんかで聴いたら、素晴らしい夏の思い出になると思います。

ぜひ、レコードで聴いて欲しいです。

次回は、しっとりゆったりしたものを選びたいと思います。


和英






2012年8月5日日曜日

夏と言えば...

スイカ、花火、海水浴、と思い浮かぶものは沢山ありますが、やっぱりなんと言ってもカレーです。

暑い夏に、汗をダラダラかきながら食べるカレーは格別!

スタミナもたっぷりで、元気が出てきます。

金沢では、昔から黒い色をしたゴロゴロのカレールーと、トンカツ&キャベツの千切りが乗ったものが一般的で、近頃は全国に向けて「金沢カレー」と発信している様です。
(余談ですが、ごはんかいじゅうバップの全国行脚の旅の一回目が金沢カレーでした。)

僕も、高校生の頃は、よく金沢に遊びに行って、帰りに駅地下の「キッチン・ユキ」でカツカレーを食べて帰りました。

一人一人に思い出のカレーがいくつもあるのではないでしょうか?


さて、当店でも開店当初からカレーパンを出させていただいています。


自家製カレーパンです。



















当店のは、一般的なパン粉をつけて油で揚げたものではなく、パン生地の表面にココナツの粉をまぶして短時間で焼き色をつけた少しヘルシーなものとなっています。

もちろん中のカレーフィリングも自家製で、カレー粉に至ってはスパイスを調合するところからやっています。


10種類以上のスパイスを調合。























オリジナルカレー粉調理中。


















その他、ニンニク、トマトピューレ、マンゴーチャッツネなども入れ、辛さだけでなく、深みのある味を出そうと頑張っています。

パン生地に入れる為、水分を少なめに仕上げています。





















野菜の甘みと豚肉の旨味が残ったサラッとした印象の大人の味です。

兎に角、手間がかかるのであまり沢山は出せないのですが、この暑い夏にこそ食べていただきたいとっておきの一品ですので、一度お試しください。

皆様のお来しをこころからお待ちしています。




和英

2012年8月1日水曜日

お盆のお休み。

連日、暑い日が続いてますが、体調崩されてなんかないでしょうか?

今日から8月。

あっという間にオープンから40日経過しましたが、日々、美味しいパンを提供出来る様、二人頑張っております。

さて、あと2週間ほどでお盆を迎えますが、当店も数日休暇を取る予定にしています。

休業日は、下のカレンダーの通りです。

なお、休日明けからは、第1と第3土曜日は営業いたしますので、ご来店いただきますよう、よろしくお願いいたします。

























和英