2014年2月25日火曜日

ローリング・ストーンズがやって来る!!ヤア!ヤア!ヤア!

といっても、金沢に来る訳ではないのですが...。

明日の2/26、3/4、3/6の三日間、東京ドームで6度目の来日公演が開催されるそうです。

行きたいのはやまやまですが、まじめにパン作りに精を出します。

おもへば、まだ学生だった1990年。ストーンズが初めて来日する事になったというニュースは、ひとつの大きな事件でした。

その頃、長崎にいた僕は、もちろんそのコンサートに参加する事が出来ず、日テレで放送されたライブの模様をビデオに撮って、何度も繰り返し見ていました。

その頃でも、「けっこうおじいちゃんだなあ」という感想だったのですが、あれから24年たってもまだ現役で活動されていて、新しい音を追求されているので頭が下がるばかりです。

後で知った事ですが、家の相棒は、その人たちが誰なのかも分からず、東京ドームでそのライブを見たそうです。人生とは、不公平なものです。

という事で、現在お店に飾っているレコードはこれです!




















ザ・ローリング・ストーンズ/ザ・ローリング・ストーンズ(1964年、英デッカmono)

ビートルズの才能を見抜けなかった、英デッカレコード社が遅れて見つけ出した、ビートロックバンドのファーストアルバムです。

ジャケットにはグループ名も記載されておらず、優等生のビートルズに対抗して、不良少年具合をアピールするために皆、横を向いています。

その頃、リーダーだったブライアン・ジョーンズが一番手前でジャケットを脱いで写っていて、キースは奥の方でちっちゃく地味に収まっています。

当時の力関係が分かりやすく映し出されています。

内容は、1曲の自作曲以外は全て黒人のブルース及びロックンロールのカバーで構成されています。特に1曲目と2曲目の勢いが素晴らしいです。

このレコードが発売されてから、今年で50年。今も変わらず転がり続けてくれています。

そういえば、ギタリストのロン・ウッドは画家でもあるのですが、20代のころ、若さに任せて購入した高価な絵が実家の押し入れに眠っていて、お店をオープンする際に店内に飾ろうと思っていたのですが、お店のコンセプトと合わないということで、合えなく却下されてしまいました。

なので、こんな機会でもないと日の目を見ないので、写真だけでものせていただきます。

ベガーズ・バンケット/ロン・ウッド


















いつかは、飾れる日もあるのでしょうか?

ないよね。





和英



2014年2月18日火曜日

今年は関東から東北、北海道と広範囲で大雪が降っているようですね。

金沢は例年より雪が少ないような気がします。

それでも予報にはない雪が急に降ってきたりして、

お店のある日には、お客様の足元が悪くならないといいな〜と願い、

今日の様にお店がない日だと、しみじみと雪は綺麗だなぁとか、

テレビで見る北島サブちゃんの歌の紙吹雪は、

結構本物に近い出来映えなんだな〜とか感心してしまったり。

お城と雪って結構お似合い。


















これくらいの雪だと楽しめるのですが、

もっと大雪でお困りの地域もあるのですよね。

そんな地域の方々が、一日も早く通常の生活に戻れますように。



外は寒いですが、少し春気分を。























ブバルディアというお花。色が春らしくてかわいらしいですよね。

ちなみに、花言葉は「幸福な愛」「空想」「夢」「情熱」「愛の誠実」

だそうです。



2014年2月11日火曜日

バレンタインデーを盛り上げる。

ソチオリンピック、始まりましたね〜。

毎夜の観戦で、寝不足の方も多いのではないかと思います。

今夜は、沙羅ちゃんと歩夢君が登場!期待が高まります。


さて、3日後に迫ったSt.バレンタインデー。

ドキドキわくわくな季節ですね。

当店は、お菓子はまだ手がまわらなくて、贈り物に出来るようなチョコ商品はご用意出来ないのですが、いつもより、チョコ入りパン多めに準備しています。

なので、気分だけでも盛り上げようと、ディスプレーに思いを込めてみました。

ポストカードとレコード。



















店内に、ひっそりと飾らせていただいています。

右が、レイモン・サヴィニャックの1951年の作品『Chocotat Tobler』というポスターデザインのポストカード。

フランスの有名なポスター画家の代表作の一つで、子供なら一度は夢見る「おっきなチョコのかぶりつき」を見事なタッチで表現しています。
一昨年、福井の金津の森美術館で見た原画展はとても印象に残るものでした。


左が、チェット・ベイカーとエンリコ・ピエラヌンツィのデュエット作『The Heart Of The Ballad 』のレコードジャケット。

チェットのラストスタジオレコーディング作。今では大御所となっているイタリアの名ピアニスト、エンリコとの心とこころのキャッチボールを記録した、実にハートフルなバラッド集。コレクションが難しいチェットのヨーロッパ自主制作盤の中でも、最も困難なものの一つです。



どちらも、バレンタインデーらしいデザインで気に入っています。

寒いこの季節に、ちょっとだけ心のぬくもりになればと思います。



和英


2014年2月4日火曜日

明日より営業再開します!

みなさまには大変ご迷惑、ご心配をおかけしましたが、

おかげさまで元気になりました!

明日より営業を再開いたします。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。



















2014年2月2日日曜日

本日、お休みさせていただきます。

本日スタッフ体調不良のためお休みさせていただきます。

療養に努め、早期に営業再開したいと思います。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたします。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。



店主