2015年9月29日火曜日

秋の味覚と10月のカレンダー

近頃はすっかり秋めいてきましたね。

お散歩していても、ちょっとずつ葉も色づいてきているし、

木の根元にはキノコ。

実家の畑もさつまいもや、かぼちゃなど、秋の味覚が

収穫の時を迎えています。

先日収穫のお手伝いをしてきました!


小松金時〜!

続々と出てきます。
小ぶりだけど、甘みはたっぷりのかぼちゃ。
収穫の横では蝶々が恋の季節?


カメラに夢中で、畑ではほとんど見学状態だったので、

帰ってから穫れたてのさつまいもで、大学いもを作りました。


   温かいうちにホクホクと食べました。



















美味しく出来たので、みんなでペロッと完食しました。

こういう事が、日々とても贅沢なことだと思います。


さて、10月のカレンダーを更新しました。

通常のお休みに加えて、25(日)28(水)もお休みをいただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



























2015年9月23日水曜日

シルバーウィークの街は、どこも人だらけ。

とうとう、最終日を迎えたシルバーウィーク!

ここ金沢も、沢山の人でごった返しています。

マシマシは、5連休前半の土日曜日は営業、後半三日間はお休みをいただきました。

営業時は、市内各所でイベントが開催されていたため、何にも関係のない当店周辺は普段より静かな印象でした。

製造量も読み切れず、沢山パンが余ってしまいましたよ。

後半のお休みは、混雑する金沢から逃げようと、実家の小松に向かいましたが、なんとその日は、毎年恒例の航空自衛隊小松基地主催の『航空祭』が行なわれる日で、早朝から周辺道路は車で溢れていました。

























どこへ行っても人だかり。

なので、諦めてその中へ入り込む事に。

午後1時からのブルーインパルスの飛行ショー目当てで、家を出たものの、空港に近づく事さえ出来ないくらいに大渋滞!

周辺の田んぼのあぜ道に車を止め、見物する人達の列!

わずか50分くらいのしショーなのですが、超音速の戦闘機が飛び交うダイナミックさは、実際に体験しないと分からないと思います。


































正直、あまり期待していなかったのですが、見てる間は大興奮状態で、終わった後はどっと疲れが出るくらいでした。

安保法案の件で考える事の多い国防について、何か役立つ経験だったのでしょうか?


和英




2015年9月15日火曜日

今年の十五夜は?

9月に入って、いっきに秋が深まってきましたね。

朝晩も、凄く冷え込み、早朝の通勤も辛い季節となってきました。


ところで、十五夜っていつなんだっけ?とふと思いつき、調べてみたら9月15日のことじゃないんですね。

旧暦の8月15日、現在の9月15日頃に見られる満月の夜のことらしくて、今年は9月27日だそうです。

今年は涼しく、それも日曜日なので、みなさんゆっくりとお月見出来るのではないでしょうか?


ということで、毎度おなじみ飾りレコも『月のある風景』のものを探してまいりましたよ。

それから遡って、7月から8月の暑い夏の思い出とともにちょっとだけ紹介させていただきます。


ワイハから砂漠へ。



















右、バリーマン/SURVIVOR ('75、アメリカ)

左、Jim Jiminee/Welcome To Hawaii('87、イギリス)

前者は、ブリルビルディングサウンドを代表する作曲者バリーマンが、70年代に入り、シンガーソングライターがもてはやされていた頃に出した、自作自演盤。

ジャケットの絵の通り、静寂が支配する月夜の砂漠で、愛するもの(犬?)に語りかけるように歌う良質な小品が並べられた、特別な一枚です。

この季節に、是非そばにおいておきたいレコードのひとつです。


後者、英ネオアコ名盤の中でも特に人気の高い一枚。

活動中には、アルバム1枚とシングル数枚しか残さなかったため、今でも伝説として語り継がれるグループの、その唯一のアルバムがこれ。

夏の終わりを思わせるビーチで、場違いなスーツを着て、首にレイをかけた姿のメンバーが微笑ましい、印象的なジャケットです。

そのジャケの通り、サウンドの方はひねくれ度合いが強く、一度聞いたらなかなか忘れられなくなり、中毒になるもの多数。(名曲「Town and Country Blues」収録。)

日本版の再発アナログが比較的入手しやすいので、ぜひレコードで聞いてみて欲しいです。


さわやかに、夏!


















右、Longshot For Your Love/ペイルファウンテンズ(’98、ドイツ)

左、PASSARINHO URBANO/ジョイス(’77、イタリア)


前者、これもイギリスのネオアコグループの最良質バンドPFが80年代に残した素晴らしいシングルを全てコンパイルした絶対的内容の一枚。

ドイツで編集されたのがまたいい。ジャケットの写真の様に、清涼感溢れるサウンドと、マイケルヘッドの作曲能力が十二分に発揮された素晴らしいメロディが味わえる、ネオアコの金字塔的な内容になっています。

今年は、夏休みにこれを聞きながら冷たいソーメンを食べて、2倍涼しさを感じました!


後者、夏にぴったりなコカコーラジャケで有名な、ジョイスのアルバム。

ブラジル人であるのに、なぜかイタリアからリリースされている珍盤でもあります。

実は、イタリアの教育現場で世界の音楽を紹介するために選ばれたもので、当初は一般には発売されず、学校や図書館に置かれていたものだそうです。

このテのレコードを、ライブラリーレコードといい、珍しい音源が多いため、世界中のDJ達から注目を集めているそうです。

このアルバムのあと、彼女の代表作と言われる『フェミニーナ』がリリースされるのですが、このコーラのレコードは、まだ初期の初々しさが残った青春の音楽が刻まれている様に感じます。

スキャットまじりの早いサンバで、真夏を感じられるすばらしいものです。

来年の夏用に、今から準備するのも悪くないと思いますよ。


ではまた。




和英

2015年9月8日火曜日

秋の衣替え

今年は涼しくなるのが早くて、すっかり秋らしくなってきましたね。

この時期は、登山やキャンプのお供にと、当店にパンを買いに来てくれる

お客様がいらっしゃいます。

そんなアウトドアな気分に、グリーンの斜めストライプがマッチするかな?

と思って、marimekkoの1970年代の生地で「RAITA」という

大きい柄がとても印象的な生地をドーンと飾っております。

実は、NOWさんを見に行った際、素敵な家具の上にそっと乗せてあった

この生地に、一目惚れして連れて帰ってきたもの。
 
















ちょっと秋を意識しての衣替え、いかがでしょうか。

初秋の行楽の際には、是非お立寄りくださいませ。



2015年9月1日火曜日

9月に入りました!!

とたんに雨の日が増えてきましたね。

特に、この数日、夕方から夜にかけての雨の量が尋常ではありません。

この夏は、雨、少なかったので、草木には優しい気候なのでしょうね。

蝉の鳴き声も、秋の虫の音に変わりつつあります。


ツクツクボウシが窓にやってきました!



















そういえば、先週末、金沢市でも流行の『プレミアム商品券』が発売され、ニュースなどでも取り上げられていましたね。

多くの商店街や大型店が参加しているそうですが、当店はその網からも漏れ、蚊帳の外に居るみたいです。

マシマシでは使用出来ませんので、くれぐれもご注意ください。


そして!9月の話題と言えば、後半のシルバーウィークですね!!!

敬老の日って15日じゃないの?なんて、昭和の人のつぶやきが聞こえてきそうですが、時代は刻々と変わっているのでした。

当店も、定休日に1日だけプラスしてお休みをいただくことに致しました。

ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。


























和英