2016年4月25日月曜日

今週末からゴールデンウィークが始まりますが、

当店は、変わらず火曜日から土曜日まで営業しています。

お休みの方も、お仕事の方も、どうぞお越しください。


4月になって、熊本の地震など、多くの出来事がありましたが、それらを知り、普通に仕事をして暮らせる毎日に感謝したいと心から思います。

そういえば、先週21日に、米国のロック・ミュージシャン、プリンスが57歳の若さで永眠しました。

中学3年生だった当時、毎日のようにアルバム『パープル・レイン』を聞いて過ごしたことを思い出します。

今年の冬、なぜか彼の音楽が無性に聴きたくなり、仕事を終えて家に帰ると彼のレコードを何度も廻しました。

やはり、80年代の彼の音楽は、何年も先を行っているような先鋭的なものでした。


今週は、そんな彼の偉大なる功績に敬意を払い、このレコードをお店に飾らせていただきます。




















右、ビートに抱かれて/プリンス・アンド・ザ・リボリューション


前述の『パープル・レイン』からのシングルカット。花束が散りばめられたジャケットデザインが涙を誘います。

原題は、「When doves cry」。直訳すると、「鳩が泣く時」となります。

人々がののしり合い、その喧騒に影響されて平和の象徴である鳩が泣く時、戦争がすぐそこにまで近づいてくる、といったような内容のようです。

この歌がヒットしてから32年が経過していますが、世界は未だ平和を実現できず、この国でも、人々が己の主張を声だかに叫んでいます。嫌な感じがします。

無関心もいけませんが、干渉もほどほどにしないといけません。



左、ラーク/リンダ・ルイス

4月は、陽気な気分なので、見て爽やかな感じを与えるようなジャケットを飾ってみました。

イギリスのジャマイカ移民の子供、リンダ・ルイスの代表作です。

ラークとは鳥のヒバリのこと。

調べてみたら、熊本県の「県の鳥」はヒバリだそうです。そんなつもりはなかったのですが。

発売当時は、それほど話題にもならず隠れた名盤扱いでしたが、90年代に入り、特に日本で評価が急激に上がったレコードです。

まだ未聴ならば、この季節がぴったりかもしれませんので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



















遡って、3月の終盤、桜の花が咲き乱れていた頃には、右の

シングス・ルーティン・ソングス/ブロッサム・ディアリー

名前が正にブロッサムで、ジャケットも薄いピンクに彩られていたので迷わずチョイス!

日本ではものすごく人気の高い、フィーメル・ジャズ・シンガーで、特にこのレコードはジャケット、内容ともに素晴らしいのでとても気に入っています。

もともとアメリカの清涼飲料水のメーカーが作ったノヴェルティだったそうで、噂は聞くけど、でも聞くことができないという、幻のレコードだったそうです。

現在は、CDで簡単に入手できます。彼女の魅力がギュッと詰まった名盤ですので探してみては。


そして、3月の初め、雨ばかり降る不安定な時期にはこのレコード。

3月の雨/エリス・アンド・トム

説明不要のブラジル音楽界の伝説、女王エリス・レジーナと法王アントニオ・カルロス・ジョビンのデュエットアルバムです。

表題曲の歌唱途中で、エリスがクスクス笑い出す場面があって、録音中のリラックスしたムードが聞く人すべてに伝わり、穏やかな気持ちにさせる奇跡的名演が楽しめます。

同年のジョアンのテイクも素晴らしいので、いろいろ聞き比べてみるのもやはり楽しいです。

お二人も、また、他界されていますが、残された音楽は、永遠に愛されていくのでしょう。



和英

2016年4月18日月曜日

食パンの保存は冷凍で!

先週何人ものお客様から、

「パンは冷凍したらいいんだってね!ガッテンでやってたよ!」

とお話しいただきました。

うっかり見損ねてしまいましたが、先週NHKの『ガッテン』

という番組で 春のトースト祭りという特集をされていたらしく、

美味しくトーストする技や、保存の裏技についてなど、

パン食べたくなるなぁ〜という内容の特集だった模様。

中でも、保存方法については当店でもオススメしているのですが、

すぐ食べないのであれば、冷凍して食べる時にトーストするのが

美味しく食べるコツなので、皆様に知っていただきたいところでした。


日頃、パンを美味しく食べるコツなど

アナウンス不足だなぁと思っていたので、ちょっと反省もしつつ、

今年こそ、食べ方等をお店やブログでお伝えできたらと思っています。


とりあえずは、『ガッテン』見逃した方〜、

HPで内容が見られますので是非ご覧になってみてはいかがでしょう。



















2016年4月11日月曜日

週末はたくさんのイベントで盛り上がりました!

現在は、桜の花もピークを過ぎ、薄緑の若葉が町を彩っている金沢。

週末は、各所でイベントが催され、大変な賑わいを見せていました。


金沢城公園と兼六園のライトアップや、毎年恒例の「乙女の金沢春ららら市」など、楽しいことたくさんでした。


らららの模様。




















そんな中、マシマシチームは、毎年行きたくて、でも、行けなかった東山の夜のイベントに参加してきました。

金沢・浅の川園遊会主催の「越中八尾おわら流し」です。

東山の茶屋街のメインストリートを、風の盆で知られる八尾おわら流しが演じられるというものです。

4月の9日土曜日の営業を終え、急ぎ足で会場へ向かいました。

開始時間30分前にもかかわらず、たくさんの人だかりで通りは溢れかえっていました。








内容については、リンクのニュースに譲るとして、幻想的な音楽と、上品でしなやかな踊りを見て、時間の経つのを忘れるかのようでした。












しばらく堪能した後、人だかりを抜け、浅野川の夜桜も拝見。












昼ももちろん美しいですが、夜はまた格別の良さがあります。


また、来年までお預けですね。

桜さん、今年もありがとう。

2016年4月3日日曜日

2016 桜一気に咲きました!

今週の土曜日は、天気良し!あったかい!言うこと無しのお花見日和。

桜も準備万端で、すっかり満開の様子。

当店前も、これから金沢城にお花見に行く方、反対に浅野川へ行く方と、

とにかく賑わっておりました。

土曜日からライトアップも始まって、夜桜を楽しむ方も 多かったようで、

おかげさまで、当店も大忙し。

お花見のお供に、たくさんの方にパンをお求めいただきました。

ありがとうございました。

今日は私たちも!と朝のお花見散歩に行ってきました。

さすが朝。まだ人もまばらで、いつもは人や車が入ってしまって

うまく撮れない場所の撮影も、難なくパチリッと撮影できました。


朝日が雲の中の時間帯。












ことじ灯篭も並ばず撮影可能。
























石川門の下を通って、無料開放中の兼六園へ。

兼六園の桜はもう少し遅いかと思いきや、結構咲いてました。

朝まだ人も少ないのも良かったのか、白鷺や鴨を観察できたり、

時々差し込む朝日に、キラキラ光る桜を見ることができました。


朝食中の鳥達

相変わらず素晴らしいお庭。

花びらに朝日が反射して綺麗です。


















































兼六園の後は石川門から金沢城公園へ。

こちらも負けてません!

ため息が出るほど、どこもかしこも桜!でした。


石川門の桜



 
お堀の桜も、もう満開。

































すぐ隣で店をしていると、この風景のありがたみが薄れてしまうのですが、

あらためて、すごい場所で店をしているなぁと思いました。

確かに、こんなに街中が桜でうめ尽くされる所って、

そんなにないだろうなぁと思います。

まだまだ桜、楽しめそうですね。

来週は桜吹雪が舞う、そんな景色が楽しめるのではないでしょうか。 

お散歩途中に、ぜひお立ち寄りください。

お待ちしています!